7月 12

2016年Aセメスター版『逆評定』アンケート配布開始

告知 2016年Aセメスター版『逆評定』アンケート配布開始 はコメントを受け付けていません。

とうとう講義も最終週、東大生の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。2年生のあなたは、もう点数はどうにもなりませんね。1年生のあなた、今から試験で失敗してしまうと、2年生のこの時期に涙を呑むことになりますよ。

さて、今学期も逆評定アンケートの時期がやってまいりました。異様に難しい問題を試験に出題したあの教員や、出席点だけで優をくれるあの教員など、さまざまな思い出があるかと思います。あなたのその履修経験を、是非単位のバリアフリーのために役立ててみませんか?
アンケート用紙は時代錯誤社の拠点である学生会館101Bと、生協書籍部様の2カ所で配布しております。どしどしアンケートをお寄せください。
また、逆評定にはサークルの広告を掲載することも出来ます。秋からの新歓や、サークルのイベント告知にお役立ていただければと思います。たくさんアンケートを提出いただいた分だけ、広告のスペースは大きくなりますよ。

なお、「紙媒体なんて時代遅れよ! 時代はクラウドだろ!」というデジタル東大生のために、Webアンケートもこちらで実施しております。合わせてどうぞ。

アンケートの提出、広告掲載には注意事項がありますので、下記2点をよくご覧になってください。

広告の掲載を希望される団体・サークル様へ

アンケートのお願い(アンケートの裏)

アンケートの提出締め切りは8/23(火)、広告の提出締め切りは8/30(火)となっております。お忘れなきようご注意ください。ご協力よろしくお願いします。

6月 22

恒河沙192号発刊のお知らせ

未分類 恒河沙192号発刊のお知らせ はコメントを受け付けていません。

皆さまお久しぶりです。しばらく鳴りを潜めておりました私どもでございますが、今年も6月号を発行することと相成りましたのでお知らせいたします。

今月号の特集は、ズバリ「JSKゲームショウ」! とはいえ、ただのゲームショウではございません。時代錯誤社が考案した、種々様々な予想の斜め下をいくゲームを是非ともお楽しみください。ヌルヌル相撲、マ●オカート、トランプとトランプ……。タイトルを聞いただけで心浮きたつ記事が目白押しです。
そういえばgameには獲物という意味もありますね。是非とも社員を貴兄らの視線の慰みものにしていただきたいものです。

特集もさることながら、小ネタの方も忘れてもらっては困ります。
・オナホや空気嫁など、アダルティな品物が親バレし、見苦しい弁明を繰り広げる醜態が楽しめる「オナホ記念日」
・時代錯誤社の代名詞、『逆評定』の歴史を辿る連載第2回「逆評定を振り返る ’01-’05」
・あなたは山崎をなんと読みますか? ヤマザキ? それともヤマサキ? 濁点の有無だけで、人は戦う。「ヤマサキの戦い 二〇一六」
……などなど読み逃せない小ネタが盛りだくさんです。

価格はいつも通り300円でお届けします。街頭販売は6月23日の昼休みより開始予定です。是非ともお手に取ってみてください。

↓これが表紙です。
192表紙

5月 10

五月祭参加・5月号発刊のお知らせ

未分類 五月祭参加・5月号発刊のお知らせ はコメントを受け付けていません。

皆さまお久しぶりです。中の人です。

さて、今年度の五月祭も我々時代錯誤社は参加いたします。場所は法文1号館前、法文横丁Aの最前線にてトランジスタメガホンで声を張り上げてお待ちしております。お小遣いをもらってお菓子を買いに行く少年少女さながらの心持ちでおいでください。数年分のバックナンバーを持っていきますので、買い逃してしまった過去号を手に入れる絶好のチャンスです!

また、大好評「殴り込み東大模試特撰編」、過去の優秀な小ネタを採録した「小ネタ号vol.4」の他、弊社が長年制作して参りました入試予想問題集をまとめた赤本を上下巻でご用意しております。まだ赤本に収録されていない2016年度版の入試予想問題も販売いたしますので、二次試験でもらえなかった方もぜひ足をお運びください。

さらにさらに、五月祭に合わせて恒河沙最新191号も発刊いたします。今号の特集は「これからの『進路』の話をしよう」。2年生の皆様にとって人生の岐路である進学選択を悔いのないものにするため、時代錯誤社が全面的にバックアップします。過去5年分の底点データを一挙掲載し、今年度の底点も徹底予想! 内部事情まで赤裸々に描いた学部・学科説明まで読めばもう怖いものはありません。学部ガイダンスだけではなく、時代錯誤社印の恒河沙もご活用ください。

「関西人お悩み相談所」「逆評定を振り返る ’93-’00」「科類不平等起源論」などタイトルだけでご飯が食べられる小ネタも多数収録! 五月祭当日の封切をお楽しみに!

191表紙

4月 14

恒河沙190号発刊

新刊 恒河沙190号発刊 はコメントを受け付けていません。

本日4月14日より恒河沙の最新刊を発売いたします。

4月号の特集はなんと「星のコマバ ウルトラスーパーデラックス」と「他大学シミュレーション」の豪華2本立てとなっております。

前者では駒場キャンパス周辺の飲食店ミシュランや履修の手引きを解説した「履修の手引きを手引き」、教職免許の取り方をこれ以上なく分かりやすく噛み砕いた「教職の手引き」といった役立つ記事が満載です。

他大学シミュレーションでは弊社の社員が実際に早慶や阪大、はては海外の大学まで潜入し、その大学でのキャンパスライフを体験してきました。東大に飽きてきた東大生の皆様の清涼剤になること間違いなしです。

また小ネタはサークルの新歓広告を批評した「広告評定」、昨年度末に店を畳んだ弁当屋もっくもっくのチェーン他支店を巡礼した「もっくもっく巡礼」、そして農業SFマンガ「農耕騎兵Jタスク」連載開始など今号もボリューム満点です。

1部300円での販売となります。是非お手に取ってみてください。

4月 07

入社説明会のお知らせ

告知, 行事 入社説明会のお知らせ はコメントを受け付けていません。

新入生の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。東京大学への憧憬があえなく潰え、退廃と欺瞞に満ちる大学生活はもうすぐそこですよ。

さて、我々時代錯誤社は新人社員の採用にあたり、明日4月8日の5限終了後、18時40分より新学生会館2階第二音楽練習室にて入社説明会を行います。必須の持ち物やドレスコードはありませんので、興味のある方はお気軽に足をお運びください。玄関で旗を持った社員が案内いたします。

社員から活動概要を説明した後には、社員との懇親会を予定しております。時代錯誤社の雰囲気を知る数少ない機会ですから、入社を迷っている方は参加してみてください。

参加を希望される方は jisakuinfo@gmail.com まで【お名前】を明記してご連絡願います。

3月 27

2016年度Sセメスター版教員教務逆評定の販売・サークルオリエンテーション参加のお知らせ

告知, 新刊, 行事 2016年度Sセメスター版教員教務逆評定の販売・サークルオリエンテーション参加のお知らせ はコメントを受け付けていません。

新旧問わず東大生の皆様に嬉しいお知らせです。

神のご加護か偶然か、今年も無事、皆様の手元にあの逆評定をお届けすることに決定いたしました。単位が欲しいだけの人も点数に飢え渇いている人も、是非是非ご活用ください。オリエンテーション合宿へ持って行って新しいご学友と時間割を決めるもよし、サークルでごっそり買って行って新入生に配り恩を売るもよし、逆評定の使い道はあなた次第です。

販売は3月29日から4月1日ごろまで、各日11:00~16:00を予定しております。1日ごとの販売数を制限しておりますので、即日売り切れと言うことはありません。ご都合の合う日にそれぞれ好きに買いにいらしてください。どんなにまとめ買いしても1部300円での販売となっております。

また、3月31日と4月1日のサークルオリエンテーションには我々時代錯誤社も参加しております。時代錯誤社の活動に興味のある方、時間をつぶす場所が欲しい新入生の方はイロモノ部屋154教室まで足を運んでみてください。現役・OBOGの社員があなたを迎え撃ちます。

それでは、皆様にとって新学期が禍福入り乱れた素敵なものになることをお祈りしております。

12月 14

今後の刊行予定について

告知 今後の刊行予定について はコメントを受け付けていません。

 期末試験の渦中にある頃かと思いますが、東大生の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
 さて、逆評定アンケートを配布中に「寒いでしょうけど街販頑張ってくださいね」と言われて思い出したのですが、皆様ご存知の通り今年度は昨年度と大幅に学事歴が変わってしまいました。
 そのため小社の編集スケジュールも変更を強いられ、その結果、今年度はこれ以上新刊を発行いたしません。つまり、次回皆様が我々の発する騒音を耳にするのは3月末の諸手続きの時、逆評定の販売開始時となります。
 1月号を心待ちにしておられた方には申し訳ございませんが、その分来年度の『恒河沙』が充実するということで、首を長くしてお待ちくだされば幸いです。なお、入試予想問題集はいつもと変わらず配布する予定です。
 それでは、よき学期末をお過ごしください。

12月 02

『逆評定』アンケート配布開始

告知 『逆評定』アンケート配布開始 はコメントを受け付けていません。

皆さまお久しぶりです。時代錯誤社でございます。
あの悪臭高かった銀杏並木も散り始め、皆さまの耳元には期末試験の足音が聞こえている頃かも知れませんね。今学期こそはと意気込んでも、どうせ口だけに終わることを何度繰り返しても分からない東大生は、そろそろ駒場キャンパスからいなくなるんでしょうか。
さて、今学期も『逆評定』アンケートの時期が到来いたしました。1年に2回しかない、教員への鬱憤を晴らす滅多にないチャンスです。この機会をお見逃しなきよう。アンケートは学生会館101Bと生協書籍部様で12/3より配布いたします。

シャーペンの握り方さえ忘れてしまった方のためにWebアンケートもこちらで実施しております。

以下に念のため注意点を述べておきますので、『逆評定』に団体で広告掲載を希望される場合はご留意ください。

広告の掲載を希望される団体・サークル様へ

アンケートのお願い(アンケートの裏)

・アンケート締め切り 2/29(月)
・広告提出締め切り  3/8(火)
※広告を提出される際には、申込用紙も合わせて提出いただくようお願いします。用紙は生協書籍部様と、学生会館101Bにて配布しております。

11月 21

駒場祭・月刊『恒河沙』11月号

告知, 新刊 駒場祭・月刊『恒河沙』11月号 はコメントを受け付けていません。

サイトの更新を怠って申し訳ありません。東大では今日から来週の月曜まで駒場祭ですが、例によって時代錯誤社も参加しております。
主な頒布物は新刊となる月刊『恒河沙』11月号、入試予想問題集上・下巻、小ネタ号などです。その他にも各種バックナンバーを取り揃えています。興味のある方はぜひお越しください。
11月号の特集は「ココが違うよ東大生」と題して、「何が東大生を東大生たらしめるのか?」という根源的な疑問に対し、弊社社員が全力で答えを探し、東大生の実態を暴きました。
その他にも謎が多かったイン哲の実情を赤裸々に綴った「イン哲から駒場へ」や、先月号でも好評だった「私大インカレ潜入記」の完結編など様々な小ネタが収録されております。
なお、在庫が無くなってしまわない限り、駒場祭以降も11月号は数日間街頭販売する予定です。

10月 25

月刊『恒河沙』10月号

新刊 月刊『恒河沙』10月号 はコメントを受け付けていません。

サイトの更新遅くなりましたが、月刊『恒河沙』10月号はすでに先週の火曜から好評発売中です。
今月号は特集「究極VS思考」をはじめ、「私大インカレ潜入記(上)」や帰国生が人生初の5科目模試に無謀にも挑む「初めての東大模試」など珠玉のネタを取り揃えています。
街頭販売はまもなく終了いたしますので、お早めにどうぞ。諸般の事情で街頭販売にお越しいただけない方も、今週の終わりごろには生協書籍部でも委託販売予定ですのでそちらをご利用ください。

preload preload preload