5月 14

『恒河沙』174号表紙
月刊『恒河沙』174号を発売しました。

さあ今年もやってまいりました。東大名物「進学振分け」、ぬるく楽しい1年半を過ごした駒場生たちが本郷へ旅立つための試練です。その第2の大学受験とも呼ぶべき進振りを勝ち抜くために十分な情報と戦略が必要であることは、受験産業の頂点に立つみなさまには言うまでもありませんね。
ということで、今号の特集は「SHINFURI2013」。後期課程の各学科の紹介に加えて過去6年分の底点推移を掲載しました。2年生のみなさまはこれを読んで進路を考えなおしてみてはいかがでしょうか。もちろん1年生も大歓迎。ただ目の前の試験を乗り越えていくだけであっという間に進振りはやってきますよ?

小ネタだって負けちゃいません。電波フルスロットルで進路に悩めるあなたを更なる苦悩へと導きます。

お値段は1部300円。五月祭過ぎまで販売予定ですが売り切れ必至の進振り号、早めに買っておくのがキチですよ。

Comments are closed.

preload preload preload